||
ホーム > サービス > 知っ得!不動産 > ⑨「リノベーション」と「リフォーム」の違いって?

不動産Q&A「いい部屋って?」

⑨「リノベーション」と「リフォーム」の違いって?

Q.築25年の賃貸アパートの改修を考えているオーナーです。 その手段として「リノベーション」と「リフォーム」があると聞きました。2つの違いは何でしょうか?

A.“新しくする”のが「リノベーション」、“戻す”のが「リフォーム」

最近、「リノベーション」という言葉を聞くことが多くなってきましたが、「リノベーション」とは新たな付加価値を加えることで、建物を再生させることです。「耐震化の向上」や「IT化に対応するための改修」など、時代の変化に合わせて新築時の機能や性能を高めます。一方、「リフォーム」は老朽化した建物を新築時の状態に戻すことです。壁紙の張り替えなどがメインとなりますので、「リノベーション」と比べると比較的小規模な工事で済むことが多いです。どちらが良いという訳ではありません。個々の建物の課題を明確にし、その解決につながる手段を選ぶことが大切です。

不動産Q&A「いい部屋って?」記事一覧