||
ホーム > サービス > 知っ得!不動産 > ⑧退去時の部屋のキズや汚れについて

不動産Q&A「いい部屋って?」

⑧退去時の部屋のキズや汚れについて

Q.来月、7年間暮らした賃貸アパートから転居する予定です。7年間の生活で、壁や床の一部に汚れや細かい傷がついてしまった箇所があり、退去する時に不動産屋からどのくらい請求されるか心配です。

A.借りた部屋をできる限り「綺麗に」「大切に」使うことは借り主の義務であると私は考えています。が、長く住まわれた場合、ある程度の傷や汚れは仕方がありません。

国土交通省が定めた、退去時の借り主の支払いに関するガイドラインでは、借り主の故意や過失などによって発生したものに対してのみ、借り主が復旧(負担)することを求めています。通常の生活で自然消耗(劣化)した箇所の修繕費は、貸し主の費用負担とされていますので、全ての汚れや傷の補填を請求されるわけではありません。大きな不安を持たずに、できる限り「入居時と同じ状態」で部屋を明け渡す努力に務めて下さい。新しく移られるお部屋がまた賃貸であるのならば、「いつか退去する」時を考え、大切にお部屋を使うように心がけて頂ければと思います。

不動産Q&A「いい部屋って?」記事一覧